HOME > コラム > SDGs > エコバッグ 洗ってますか?

エコバッグ 洗ってますか?

SDGs

アメリカやヨーロッパでは日本よりも環境保護に対する意識が高く、以前からエコバッグの使用が一般的でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以降、アメリカのいくつかの州では「接触感染のリスクがある」として、エコバッグの使用を禁止しているとのことです。また、これまで禁止をしていた使い捨てポリ袋(いわゆるレジ袋)の使用を解禁した州もあるようです。プラスチックごみ削減の推進のために必要となるエコバッグですが、材質によっては、例えば、布バッグは1日前後、ビニールやポリエステル製のバッグでは3~4日の間、ウイルスが付着している可能性があります。

約半数の人がこれまでエコバッグを洗ったことがないというデータもあるようです。できれば毎日洗濯するか、あるいは、洗剤を使って手洗いをすることが望ましいのですが、洗濯が難しいものであれば、70~80%のアルコール濃度のウェットティッシュで持ち手やバッグの外側・内側と底も拭き取るようにして消毒・除菌を心がけてください。

また、エコバッグを使用する場合には上記の通り頻繁に消毒・除菌を行い、袋詰めは店員にお願いをするのではなく。自分自身で行うことをおすすめします。最近、飲食店やスーパーでは「手袋」をしている店員を見かけることが増えました。一見、清潔そうに見えるかもしれませんが、手袋も交換されずにつけっぱなしの場合には、かえって感染のリスクが高まってしまいます。─アフターコロナからウィズコロナへと変遷している現状ですが、エコ活動も新しい生活様式の中で取り組んでいきたいですね。

このSDGsコラムは
ユーエスエス(環境委員会)がお届けしています。

ユーエスエスは、SDGsの17ゴールのうち特に、関連項目が最も多い環境(直接:13項目、間接:4項目)についてコラムを執筆しています。環境に意識した企業となるよう啓蒙活動を行っています。

株式会社ユーエスエス アスのエコ(環境委員会)

SDGsへの取り組みはこちら

CONTENTS

ユーエスエスへのお問い合わせ・採用情報はこちら。
システム開発に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。