HOME > コラム > SDGs > 7月1日よりレジ袋の”有料化”がスタートします!!

7月1日よりレジ袋の”有料化”がスタートします!!

SDGs

2020年7月から施行されるレジ袋の”有料化”は、経済産業省と環境省が推し進めている制度であり、長年に渡って問題となっている地球温暖化との関係がございます。レジ袋の製造過程では大量の二酸化炭素を排出し、廃棄処理する場合にも大量の温室効果ガスを発生させております。また、海に捨てられた場合にはポリ袋は水に溶けず海に漂い海洋浮遊ゴミとなります。これらの問題に対して前向きに取り組む上で、国は『レジ袋(ポリ袋)の使用抑制』を推し進めることとしました。

レジ袋有料化の対象小売店の例

  • 飲食料店/コンビニエンスストア/ドラッグストア/ショッピングモール小売店

有料化の対象となるレジ袋

  • 商品を持ち帰るために使うプラスチック製の袋/持ち手がある/フィルムの厚さ50㎛未満

「レジ袋有料化」にあたっては、お客様がレジ袋を「受け取りたい」と意思表示をした時のみに有料でレジ袋を提供することとなります。「1枚目は有料でレジ袋を提供し2枚目以降は無料で提供すること」や「1枚目は無料で提供し2枚目以降は有料で提供すること」は、実施していることにはなりません。必ず1枚1円以上の価格をつけ、1枚ごとに有料でお客様に提供する必要があります。レジ袋1枚当たりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは、有料化にはあたりません。なお、レジ袋を有償で提供する場合、標準税率が適用され10%の消費税が課税されることになります。

このSDGsコラムは
ユーエスエス(環境委員会)がお届けしています。

ユーエスエスは、SDGsの17ゴールのうち特に、関連項目が最も多い環境(直接:13項目、間接:4項目)についてコラムを執筆しています。環境に意識した企業となるよう啓蒙活動を行っています。

株式会社ユーエスエス アスのエコ(環境委員会)

SDGsへの取り組みはこちら

CONTENTS

ユーエスエスへのお問い合わせ・採用情報はこちら。
システム開発に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。