HOME > コラム > サイバー > iPhoneのカレンダー機能に突然表示される通知に注意!

iPhoneのカレンダー機能に突然表示される通知に注意!

サイバー

本年1月から8月にかけて「iPhoneのカレンダーから、ウイルス感染しているという通知が出る」、「身に覚えのないイベントが入っている」といった事例が増加しています。これは、iPhoneのカレンダー機能を悪用したフィッシング詐欺やサポート詐欺につながる新たな手口のため注意が必要です。

手口の概要

iPhoneのカレンダーに身に覚えのないイベントが入ってしまうパターンには、以下の2通りあります。

  • アカウント追加型(犯人の仕掛けたワナにはまってしまうケース)
    主にアダルトサイトなどで多く表示され、サイトに表示される「照会」などをタップすると、iPhoneの端末に外部のカレンダーが入り込みます。
  • イベント・カレンダー共有型(犯人から一方的に送られるケース)
    「共有機能」や「出席依頼機能」を悪用し、一方的に、iCloudのメールアドレス宛に共有カレンダーを送り付けられます。

上記の方法で、「イベント詳細」などに記載されたURLをタップしてしまうと、アクセスしたサイト経由で不審なアプリをインストールさせられたり、個人情報などを詐取される危険性があります。

対策方法

  • アカウント追加型の場合
    サイトにカレンダーに関する表示が出た場合は、不用意に「照会」「許可」「承認」「はい」「OK」などはタップせず、「キャンセル」をクリックするか、ブラウザを閉じる。
  • イベント・カレンダー共有型の場合
    不審なイベントやカレンダーの参加依頼があっても、「参加」や「欠席」を安易にクリックせず、「削除してスパムを報告」の操作を行う。

※警視庁のサイバーセキュリティ対策本部様よりご提供いただいた内容を掲載しています。

CONTENTS

ユーエスエスへのお問い合わせ・採用情報はこちら。
システム開発に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。