POSレジ・メガネ・基幹・金融に強いシステムを開発

HOME > 製品・サービス > 小売業向けソリューション > 小売業分析ツール 分析eye

分析eye『質』の高い店長が増える!
小売店向けデータ分析活用ツール

小売業界の方がよく利用する 坪効率、プロパー消化率、MD計画表などの分析手法を予めテンプレート化した分析ツールです。また、売筋商品、死筋商品、滞留在庫などの今後の販売動向連絡も自動で行うことが出来ます。そのため、「分析時間の短縮」だけでなく「分析能力の向上」「企業ノウハウの蓄積」「利益」へと結びつけることが出来ます。

分析eye

誰でも簡単に分析。利益率を上げる分析ノウハウをテンプレート化。

売れ行きが良い店舗には、良く考え行動するスタッフの方が居ると良くお聞きします。このようなスキルがあるスタッフは、適切なマークダウンや品揃え、売れ行きにあった仕入を行い、商品の消化率・回転率を高め利益額の向上を、自身の過去の実績や経験から分析して活かしているからです。普通のスタッフの方では、なかなかこのようなスキルを養うことは難しい課題となります。また、店舗運営で考えますと、スタッフの能力に依存してしまい、急な病欠や退職があった場合に店舗の売上・利益が縮小する課題もあります。分析eyeは、個人の能力に依存せず、店舗或いは企業の能力として仕組み化することができる分析ツールです。問題点の把握とアクションを素早く行っていただく為、予めテンプレートをご用意しました。坪効率・プロパー消化率・滞留在庫 等の分析テンプレートを活用することで、どこに問題があるか改善できるかが分り養えるようになり、自然とスキルの高いスタッフと同じような販売施策や行動を行えるようになります。

主な機能

レポート画面

レポート

企業が所持する大量のデータをグラフィカルにし、「グラフ」や「表」として目に見えるようにする機能です。社内に散在するデータを一つに集約させ、グラフィカルにすることで、各店舗の「つぼ効率」「プロパー消化率」「売れ筋」「死筋」等の情報を「見える化」させることが可能になります。

ダッシュボード画面

ダッシュボード

複数のレポートを集約し、まとめて一覧表示する機能となります。「エリアマネージャー向けの各店舗の曜日別売上、店別販売効率分析表などをまとめたダッシュボード」、「店長向けの商品回転率、消化率をまとめたダッシュボード」などスタッフごとにオリジナルのダッシュボードを作り分析を行うことが可能です。

グラフ作成画面

グラフ作成

分析の際によく利用する「棒グラフ」「折れ線グラフ」「円グラフ」「面グラフ」。 「来客数」と「売上額」、「販売数」と「客単価」等の異なる2項目の関係からグラフとして生成する「複合グラフ」。 「売上数」「客数」「商品単価」「客単価」「坪効率」等の複数の項目を一見して比較する「レーダーチャート」など、情報を「見える化」させる15種類以上のグラフを用意しております。

データ書き出し画面

データ書き出し

レポートで作成した情報を「エクセル」「CSV」「帳票」データとして出力することが出来ます。社外でプレゼンする際の紙資料として「PDF」出力したり、見積書として「帳票」出力することで業務の短縮化を行うことができます。

アラート画面

アラート

商品の在庫数が少なくなったら自動で連絡。坪効率が上がる効率的な店舗運営が出来ます。商品が品切れになるタイミングを事前に設定することで発注タイミングを明確化させます。また、在庫数が一定以上少なくなると画面・メールで連絡を行うため、発注忘れの防止だけでなく、売れる商品を効率よく仕入れ出来るようになります。

コミュニケーション画面

コミュニケーション

店舗の悩み、成功事例、失敗事例などの情報を全店で共有することができます。 レポートと共に、商品の売上が伸びたPOPや、成功したキャンペーンの棚割り・店舗レイアウト等の画像を全店舗で共有することで、優秀な店長のノウハウを共有し、更にアドバイスや質問のコメントを書き込んでいく事で、各店舗の運営力を高めていくことができます。

分析eyeの実績紹介

分析eyeの事例は準備中です。今しばらくお待ちください。

Copyright © 2018 NEXPO All rights reserved.