分析eye

分析eye

小売業界専用の分析ツール

50の分析手法がはじめから利用でき、企業情報の良し悪しを見極めるツール!数値から判断し、利益率を上げる行動が取れるようになります。

  • 分析eyeとは?
  • 分析機能

分析eyeとは?

小売業界の方がよく利用する 坪効率、プロパー消化率、MD計画表などの分析手法を予めテンプレート化した分析ツールです。また、売筋商品、死筋商品、滞留在庫などの今後の販売動向連絡も自動で行うことが出来ます。そのため、「分析時間の短縮」だけでなく「分析能力の向上」「企業ノウハウの蓄積」「利益」へと結びつけることが出来ます。
 

誰でも簡単に分析。
利益率を上げる分析ノウハウをテンプレート化。

売れ行きが良い店舗には、良く考え行動するスタッフの方が居ると良くお聞きします。このようなスキルがあるスタッフは、適切なマークダウンや品揃え、売れ行きにあった仕入を行い、商品の消化率・回転率を高め利益額の向上を、自身の過去の実績や経験から分析して活かしているからです。普通のスタッフの方では、なかなかこのようなスキルを養うことは難しい課題となります。また、店舗運営で考えますと、スタッフの能力に依存してしまい、急な病欠や退職があった場合に店舗の売上・利益が縮小する課題もあります。
分析eyeは、個人の能力に依存せず、店舗或いは企業の能力として仕組み化することができる分析ツールです。問題点の把握とアクションを素早く行っていただく為、予めテンプレートをご用意しました。坪効率・プロパー消化率・滞留在庫 等の分析テンプレートを活用することで、どこに問題があるか改善できるかが分り養えるようになり、自然とスキルの高いスタッフと同じような販売施策や行動を行えるようになります。
 

小売業界専用の分析テンプレート

分析eyeでは、小売業界様が良く利用する分析手法を50個取り揃えています。

レポート

01report_image

企業が所持する大量のデータをグラフィカルにし、「グラフ」や「表」として目に見えるようにする機能。「つぼ効率」「プロパー消化率」「売れ筋」「死筋」等の情報を「見える化」させることが可能です。また、日々のレポート集計も自動で行うため、業務時間を劇的に軽減させることが出来ます。

ダッシュボード

01report_image

複数のレポートを集約し、まとめて一覧表示する機能となります。「エリアマネージャー向けの店別販売効率分析表をまとめたダッシュボード」、「店長向けの消化率をまとめたダッシュボード」などスタッフごとにオリジナルのダッシュボードを作ることが出来ます。

グラフ作成

01report_image

分析の際によく利用する「棒・折れ線・円グラフ」。 「来客数」と「売上額」の異なる2項目の関係からグラフとして生成する「複合グラフ」。 「売上数」「客数」「商品単価」等の複数の項目を一見して比較する「レーダーチャート」など、情報を「見える化」させるグラフを15種類以上用意しております。

データ書き出し

01report_image

レポートで作成した情報を「エクセル・CSV・帳票」データとして出力することが出来ます。プレゼン資料として「PDF」出力したり、見積書として「帳票」出力することで業務の短縮化を行うことが出来ます。

アラート

01report_image

商品が品切れになるタイミングを事前設定することで発注タイミングを自動通知することが出来ます。発注忘れの防止だけでなく、売れる商品を効率よく仕入れ出来るようになります。

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ