HOME > 動画 > GO!!電帳 > 【電帳法ツール比較】適切に対応するために必要な機能、選び方のポイント、導入までの流れを解説します

【電帳法ツール比較】適切に対応するために必要な機能、選び方のポイント、導入までの流れを解説します

GO!!電帳

2022年に電子帳簿保存法の改正が行われ、電子取引の電子保存の義務化がおこなわれました。2021年12月の財務省令により、2年間の宥恕(ゆうじょ)措置が設けられましたが、2024年からは指定の要件を満たさなければペナルティも発生します。

今回は、電子帳簿保存法対応を効率良くおこなうためのシステム、ソフト導入について解説していきます。

※GO!!電帳の価格改定があり、現在は月額1100円(税込)のプランはありません。

この動画の内容(得られる知識)

  • 電子帳簿保存法の重要性とは
  • 2024年までに必要な対応
  • 電帳法に対応したシステムの種類 等…

CONTENTS

ユーエスエスへのお問い合わせ・採用情報はこちら。
システム開発に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。