目指せ、大移動!
会社で働く50歳代

”きっかけは自分自身が受けたショックでした”
元気よく働く50代を増やします。

これからさらに会社が抱える課題

「まだ先」のことではありません。
社員の高齢化に伴う定年退職者(定年年齢の繰り下げ変更・定年後の雇用延長)の増加は会社の状況を大きく変化させます。これは経営上の課題であり、50代社員の戦力化ができない会社はこれからの時代を生き残れない!

50代を振り返ってみると

斧靖彦61歳

流れの中で過ごしてきた感じ

“きっかけ”があって私は変わりました。

「これから何をやりますか?」これは実際の会社からの一言です。
61歳になって「これから何をやりますか?」と言われても早々に回答できません。でもこの一言が“きっかけ”で、
61歳が「何をやろうか...」と考え悩んだ結果、
このプログラム(move50’s)は生まれました。
61歳まで現場で作業もしていたしそれなりに貢献してきたと思うのですが、よくよく考えれば流れの中でここまで過ごしてきたというのが実感でした。
何をやるか、新しいものを探す・考えることの難しさ、辛さ。ましてやこの齢で…なんて思いましたが。
でも冷静なればなるほど、自分で考えることの重要性を痛感しました。
だって、会社がいつまであるかわかりません。そしていつも自分のために環境を用意してくれるとも限りません。
私は会社からの一言で振り返りができ前に進むことができました。

辛かったけど
突然言われた一言!が“きっかけ”

そして、目的を持ちました。

振り返れば30数年、企業に勤める50代社員は一生懸命に
頑張ってきました。でも、働き始めてから今日まで「何のために仕事をしてきたのか?」などと考える時はなかったんじゃないでしょうか。そうならば、私のようにこれからのことを考える“きっかけ”(時間と場所)が必要といえます。

もしも何十年も無意識な働き方では、現状維持が精一杯かと。でも無意識の習慣(働き方)をなくして目的を持ち目標に向かえば、

"50歳でも60歳でも思考はいくらでも
変えられるし、行動も変われます"

『会社任せでない、今後の生き方・働き方を
考える“きっかけ”を掴んでもらいたい!』

目的はただ一つ

50代のみなさんには将来に向けて
(自立・自律)して
これからも戦力として活躍してもらうこと!

プログラムの特徴

先ずは自分を振り返り、次に、「会社任せではない、今後の生き方・働き方を考えてもらう」きっかけを掴んでもらいます。
あとはゴール目指して、実践するのみ。 ゴールに向かう社員を支援します。

新しい知識を習得して戦力となる~

Before

『目的・目標を持たずに
受動的な仕事のし方の50代』

論家的な非成長の姿勢で
会社が期待する仕事とは真逆の働きで結果コストとなっている。

After

『目的・目標を持って
主体的に行動し成長するため変化する50代!』

これから先も、会社が同じ状況であるとは限らない。自分のための第2ステージを作る。

『6ケ月間で戦力に!』

事例紹介

AさんAさん

Before

今がいつまで続くか?
時代の流れ、進歩はすさまじい勢いで変革してる。これから働き続けるには、今持っている知識、技術では数年先には陳腐化し使い物にならないかも。53歳と年齢だが更にスキルを磨き、10年先でも現役で働き続ける為に今がんばらなければ駄目だと感じました。ただ、何をどうやっていくべきかの答えが直ぐには見つからない。

After

家族のことを考え「転職」「起業」も視野にいれて進んで行く。

事例紹介

BさんBさん

Before

参加して、同じ50代の人の思いが聞けた事また自分の思いを話せたことで何かをやらなければという気持ちが湧いてきました。まだ、具体的な答えは見つかっていませんが、頑張りたいと思っています。

After

「このままではマズイ!」と考えて上長へ配置転換を申し出た。

事例紹介

CさんCさん

Before

40歳過ぎあたりから意識付けが重要だと感じ、不安感は以前から持っている。
自分は、数十年同じ環境下で勤務していて今の市場のニーズには十分答えられないと感じている。スキルアップの必要性は感じ初動はしているつもりだが中途半端な状況から進展していない。今までの経験を生かせればいいが、そうでなければ新たなスキルを得るか別の仕事に就く道を選択せざるを得ない。
今の仕事で生きていこうという人には大きな選択肢であることは間違いない。

After

3ヶ月以内にこれからの方向を決める。(家族の健康を考えて故郷に戻るかも…)

事例紹介

DさんDさん

Before

これからどう立ち向かうのか、どう自分は乗り越えるべきか、改めて感じています。
チェンジし自社で頑張るか環境を替えるか、方向は人それぞれでしょうが、いづれにしても大変なことですが必要なこと。

After

今まで自分の中で温めていた将来のこと、実現のために3ヶ月以内に準備に入ろう。

事例紹介

EさんEさん

Before

意識改革しなければならないところ、多々あると感じています。
ただ定年までなんとなくしがみついていたいとは思っておらず、楽しく=つまり活躍し、会社の役にたちたいと考えています。
だから、「どうすれば活躍できる?」「何で活躍する?」を考えているつもり。これからも、常に“自分の居場所”を考えながら働きたいと思っています。

After

常に変化することを毎日意識して行動していく。

研修についてのお問い合わせ・ご相談

お電話によるお問い合わせ

03-6402-5323

(受付)9:00~18:00

以下フォームからもお問い合わせいただけます。※必須項目

ご入力いただいた個人情報の取扱について「プライバシーポリシー」を必ずご確認のうえ、
同意いただける方のみ「確認画面へ」をクリックしてください。

【個人情報の取り扱いについて】
<事業者の名称及び個人情報保護管理者>
株式会社ユーエスエス
個人情報保護管理者:経営企画室部長
(連絡先は下記「個人情報苦情及び相談窓口」をご覧ください)

<個人情報の利用目的>
・このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、お問合せに適切に回答し管理するため
・当社が提供するサービス、商品、イベントに関する情報をご提供するため

<個人情報の第三者提供について>
・本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・上記の利用目的の達成の範囲内で、個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<ご入力に当たってのご注意>
・必須以外の項目についての入力は任意ですが、ご入力いただかなかった場合は、最適なご回答ができない場合があります。

<開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について>
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等を受け付ける窓口は、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」をご覧下さい。

<本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得>
本ホームページでは、お客様に最適なサービスを提供するためにクッキー(Cookie)を一部使用しています。このクッキー(Cookie)から個人情報を特定できるような情報を得ることはありません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-12-1 ニッセイ虎ノ門ビル
株式会社ユーエスエス 個人情報相談窓口担当
TEL 03-6402-5321 Fax 03-6402-5326
pmark@uss.co.jp
(受付時間 9時~18時 土日祝日除く)