システム開発はユーエスエス

HOME > ニュースレター > サイバーセキュリティ > 国内外におけるランサムウェア被害が多発 ~第1回(全2回)~

国内外におけるランサムウェア被害が多発 ~第1回(全2回)~

2021年11月04日

令和3年上半期、都道府県警察から警察庁に報告された、国内の企業・団体等におけるランサムウェアの被害件数は、61件であり、前年下半期(21件)と比べて大幅に増加しています。そこで今号では、警察庁に報告されたランサムウェア被害の特徴を説明します。

 

【ランサムウェアとは】

パソコンやスマートフォンなどの端末等に感染すると保存されているデータを暗号化し使用できない状態にした上で、そのデータを復号する対価として金銭を要求する不正プログラムです。

 

【ランサムウェア被害の特徴】

■企業・団体等の規模を問わず被害が発生

被害件数(61件)の内訳は、大企業17件、中小企業40件であり、その規模を問わずに被害が発生しています。

■二重恐喝(ダブルエクストーション)による被害が多い

被害件数(61件)のうち、警察として金銭の要求手口を確認できた被害は35件あり、このうち、二重恐喝の手口によるものは27件で全体の77%を占めています。

■暗号資産による金銭の要求が多い

v被害件数(61件)のうち、直接的に金銭の要求があった被害は29件あり、このうち、暗号資産による支払いの要求は26件で全体の90%を占めています。

 

ランサムウェアの被害に遭われた場合は、最寄りの警察署又は各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に通報してください。

出典:警察庁「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」


※警視庁のサイバーセキュリティ対策本部様よりご提供いただいた内容を掲載しています。

アクセス

ユーエスエスは東京の虎ノ門にある小売・卸売・金融業界に強いシステム開発会社です。POSレジ・眼鏡・分析・基幹(販売管理)システムを中心に小売・卸売向けのソリューションサービスを提供しています。また、JAVA、C、PL/Ⅰ等の言語を利用した金融事業のシステム構築、運用保守も得意としています。お困りがありましたら是非当社にお問い合わせください。

■所在地

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-12-1
ニッセイ虎ノ門ビル13階

■最寄駅

東京メトロ日比谷線神谷町駅3番出口より 徒歩2分
東京メトロ銀座線虎ノ門駅4番出口より 徒歩8分
都営三田線御成門駅A5番出口より 徒歩9分

Copyright © 2021 USS All rights reserved.