小売業の販売管理・分析・POSレジシステムを開発

HOME > ニュースレター > サイバーセキュリティ > 【警視庁からのお知らせ】スマートフォンのセキュリティ対策を![被害事例編 その2]

【警視庁からのお知らせ】スマートフォンのセキュリティ対策を![被害事例編 その2]

2018年10月30日

前回は、スマートフォンの利用による個人情報流出、ウイルス感染、乗っ取りの被害事例を紹介しました。引き続きその他の被害事例を紹介します。皆さん被害に遭わないように十分注意しましょう。

 

■[事例1]SNS等に投稿した写真が予想外のトラブル!

位置情報や写真の背景等から自宅や学校を突き止められ、ストーカー等の被害に・・・

⇒投稿前、写真にGPS情報、撮影場所、交友関係等、個人情報を特定されるものが含まれていないか注意しましょう。

 

■[事例2]動画等の閲覧でワンクリック請求!

動画を再生しようとしたところ、突然、会員登録画面が表示され、料金を要求されることも・・・

⇒慌てて料金を支払ったり、相手業者に連絡をしないようにしましょう。

 

■[事例3]公衆無線LANの利用で盗聴!

適切なセキュリティ対策が施されていない公衆無線LANを利用すると通信内容が盗み取られることも・・・

⇒クレジットカード情報や個人情報など、重要なデータのやり取りは控えましょう。

 

■[事例4]パスワードの使いまわしで不正ログイン!

ネットショップ等の複数のオンラインサービスで同じパスワードを使いまわしてこれが漏洩すると、次々に他のサービスに不正ログインされることも・・・

⇒サービス毎にパスワードを使い分けましょう。また、パスワードは、アルファベットの大文字、小文字、数字、記号を組み合わせて簡単に推測されないようにしましょう。

Copyright © 2018 USS All rights reserved.