東京虎ノ門のシステム開発会社

HOME > ニュースレター > SDGs > 2050年の海は魚よりもごみが多くなる─?

2050年の海は魚よりもごみが多くなる─?

2021年06月30日

世界海洋デーであった6月8日、中国のSNSである微博(ウェイボー)にて多くの注目を集めた「2050年の海は魚よりもごみが多くなる」との投稿をご存じでしょうか。

海洋環境の保護団体「オーシャンズアジア」の調べによりますと、新型コロナウイルスが流行し始めた2020年には、世界中でなんと15億枚以上の不織布マスクが海に捨てられたことが分かっております。また、その報告書には、2020年のマスクの世界生産量合計520億枚のうち、少なくとも約3%が海に流出しているとも記されています。「3%」と聞くとけっして多くはないような数字にもみえてしまいそうですが、これは重さにしますと『5,000トン』前後にも及んでしまいます。

 

…海洋環境がここまで危機的な状況に陥っていたことは、あまり知られてはいない問題ではないでしょうか。

 

不織布マスクは紙のような質感に見えてしまいますが、その多くの場合、原材料にはプラスチックの1種であるポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなどが使われており、使用済み不織布マスクはれっきとしたプラスチックごみということになります。

 

海洋プラスチックのリサイクル団体「ウェイスト・フリー・オーシャンズ(WFO)」によりますと、ポイ捨てをされた不織布マスクは自然分解するまでに『400~500年』を要するとしております。また、WWFの発表では、世界では毎年100万羽以上の海鳥と、10万匹以上のウミガメや海洋哺乳動物(ホッキョクグマやラッコなど)が海に捨てられたプラスチックを体内に取り入れたことによって命を落としているとしており、ポイ捨てをされたマスクなどによって生じた「コロナごみ問題」が加わり、さらに環境汚染に拍車がかかっていることを問題視しております。

このSDGsコラムは
ユーエスエス(環境委員会)がお届けしています。

ユーエスエスは、SDGsの17ゴールのうち特に、関連項目が最も多い環境(直接:13項目、間接:4項目)についてコラムを執筆しています。環境に意識した企業となるよう啓蒙活動を行っています。

株式会社ユーエスエス アスのエコ(環境委員会)

ユーエスエス
>>SDGsへの取り組みはこちら

アクセス

ユーエスエスは東京の虎ノ門にある小売・卸売・金融業界に強いシステム開発会社です。POSレジ・眼鏡・分析・基幹(販売管理)システムを中心に小売・卸売向けのソリューションサービスを提供しています。また、JAVA、C、PL/Ⅰ等の言語を利用した金融事業のシステム構築、運用保守も得意としています。お困りがありましたら是非当社にお問い合わせください。

■所在地

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-12-1
ニッセイ虎ノ門ビル13階

■最寄駅

東京メトロ日比谷線神谷町駅3番出口より 徒歩2分
東京メトロ銀座線虎ノ門駅4番出口より 徒歩8分
都営三田線御成門駅A5番出口より 徒歩9分

Copyright © 2021 USS All rights reserved.