【警視庁からのお知らせ】IoT機器の初期設定…変更していますか?

2017年08月14日

最近、エアコンや冷蔵庫、テレビ、防犯カメラ等、インターネットに繋がる家電製品(IoT(Internet of Things)機器)が普及し、生活が便利になってきました。
しかし、IoT機器のパスワードを初期設定のまま使用していると、遠隔操作ウイルスに感染し、サイバー犯罪の「踏み台」にされてしまうおそれがあります。
IoT機器を狙ったマルウェア「Mirai」は、IoT機器の初期設定で使われることの多い「ユーザ名」と「パスワード」の組み合わせリストを使用して不正アクセスし、感染を広げていきます。
IoT機器の初期設定の「ユーザ名」と「パスワード」は、必ず変更するようにしましょう。
また、メーカーのウェブサイトを定期的にチェックし、ファームウェアの更新がないかにも注意しましょう。

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ